失敗しない転職を

自ら望んで転職をしても、失敗する人と成功する人が出てきます。なぜ転職をしたのに失敗したのか、そこには大きな理由があります。

転職に失敗してしまう理由の1つに、今の職場に残ったほうが良い場合というのがあります。転職相談に来る人の中でも、転職をしない方がよい人の割合は実に3人に1人といった調査もあることから、自分の希望が転職によって叶わない可能性があることも考慮しておく必要があります。

どういった人が転職しない方がよいかというと、今の不満を改善できる選択肢が転職以外にあるにも関わらず転職すれば解消できると考えている人、憧ればかりが強く現実が見えていない人、努力をしていないのに高収入や高待遇を求める人、長期的なプランがない人などが挙げられます。こうした希望を持つ人の場合、転職をしても失敗してしまう可能性が高くなると言えるでしょう。

また、転職に関する情報不足というのも失敗の原因になります。まずは自分が失敗するケースに当てはまっていないかもう一度考え直してみましょう。人間関係や給与に不満がある場合には異動やキャリアアップを目指すのも1つの方法です。それでも転職を希望する場合には、まずはどんな求人があるのか情報をしっかり集めることが大切です。

Pocket